FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

東日本各地の放射線量実態調査(1)~(3)

民間の有志が、各種「線量計」を用いて、環境を実測した結果が公開されています。

4月3日(日)に東京・秋葉原駅近くにて開催した、東日本各地の放射線量測定イベントです。(その1)新潟県燕三条市、群馬県高崎駅、東京都上野駅地下、秋葉原駅地上、秋葉原周辺、福島県安達太良SA(東北自動車道)の大気を測定。福島県安達太良SAは明らかに高濃度。東京も屋外は放射線量が高めです。これが2011年4月3日時点での東日本各地の放射線量実態です。特に被災の大きかった福島県や東北・南三陸沖海岸をはじめ、群馬県、栃木県、茨城県、千葉県(成田空港付近も含む)、東京都、神奈川県、新潟県の水(海水、湖水、残雪含む)および土壌(表層を採取)の測定を行いました。海外研究機関による放射性物質拡散シミュレーションとほぼ符合する結果が得られました!残雪にも通常より高い放射線量が検出されていることから、雪解けを機に汚染が拡大する可能性が懸念されます。また、南三陸沖の海水からも通常より高い放射線量が検出されており、これは海流を通じて確実に北太平洋上へ拡散します。放射性物質の汚染に不安を抱いているのは台湾や韓国、米国など海外の取引先が多い。「製品の残留放射能が0・2マイクロシーベルトを超えない」ことを取引条件にされるケースが目立つという。
「0.2μSv/h」未満これが世界からの警告です。








スポンサーサイト
14 : 39 : 50 | 記事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<茨城県沖 サカナから放射能 | ホーム | 「製品の残留放射能が0・2マイクロシーベルトを超えない」ことが条件>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sharefarm.blog9.fc2.com/tb.php/43-6353da11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

Twitter

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

未分類 (4)
シェアファーム☆ (5)
記事 (254)
技術 (2)
食糧危機 (2)
ピックアップ (59)
土壌 (2)
水 (2)
アースディ那須2011 (2)
除染 (10)
健康被害 (2)
ポケットガイガー (4)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

シェアファーム★

Author:シェアファーム★
栃木県那須郡那珂川町のシェアファーム★から、愉しい活動報告をお届けします。

アクセスカウンター

★お知らせ 2011.5.3

シェアファーム☆では、この春から栽培体験レンタルファームを提供する計画で準備を進めてきましたが、しばらくの期間、延期することにしました。理由は「東日本大震災」による福島原発問題のために拡散した「放射性物質」による農地汚染ならびに栽培した農作物の安全性を確保するためには、そのための対策も含めてしばらくの期間が必要であると考えているからです。それまでの間、関連する情報の収集とシェアファーム☆でのアプローチなどをお伝えしていきます。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。