スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

「高松農法」で竹林再生 収穫タケノコ、セシウム低減

■「高松農法」で竹林再生 収穫タケノコ、セシウム低減

竹林の再生と放射性セシウムを吸収しにくいタケノコ作りを考える「ふるさと農地再生委員会」(阿見町、委員長・塩谷哲夫東京農工大名誉教授)は十八日、先進的な農法でタケノコを生産している牛久市女化の「安部農園」(安部真吾園長)の竹林で現地検討会を開いた。再生委員会は、東京電力福島第一原発事故後、基準値超えの放射性セシウムが検出され、出荷自粛が続く県周辺のタケノコ農家の打開策を探っている。安部農園は、竹の間隔を広げて太陽光を入れている。有機肥料と微生物で作る肥料を使い、竹床に小麦を植えて土壌を管理する独自の「高松農法」で、品質の高いタケノコを生産している。委員会事務局長の小松崎将一・茨城大農学部教授によると、高松農法は放射性セシウムを吸収しにくいという。小松崎教授が高松農法で福島県内の竹林で実験をしたところ、収穫したタケノコの放射性セシウム吸収量は、同じ竹林で前年に収穫したタケノコに比べて70%低いことが認められた。この日、参加者は、前園長で竹林創設者の高松求さん(82)の案内で竹林を見学した。高松農法などを研究する小松崎教授は「タケノコからバイオ燃料まで、竹の持つ可能性は大きい。高松農法のノウハウをタケノコの生産に生かし、癒やしの空間にもなる竹林の再生を進めたい」と話した。ソース
---
※「有機肥料と微生物でつくる肥料」には「交換性カリ」がたくさん含まれているに違いない。カリ肥料リッチだと放射性セシウムの吸収が抑制されることは多くの栽培野菜で確かめられているが「竹」にも効果が期待できそうであるようだ。




スポンサーサイト
00 : 54 : 00 | 記事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<一日10ベクレルで、2年後に1400ベクレル | ホーム | タラノメ 470ベクレル 塩谷町>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sharefarm.blog9.fc2.com/tb.php/358-2d5c36ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

Twitter

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

未分類 (4)
シェアファーム☆ (5)
記事 (254)
技術 (2)
食糧危機 (2)
ピックアップ (59)
土壌 (2)
水 (2)
アースディ那須2011 (2)
除染 (10)
健康被害 (2)
ポケットガイガー (4)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

シェアファーム★

Author:シェアファーム★
栃木県那須郡那珂川町のシェアファーム★から、愉しい活動報告をお届けします。

アクセスカウンター

★お知らせ 2011.5.3

シェアファーム☆では、この春から栽培体験レンタルファームを提供する計画で準備を進めてきましたが、しばらくの期間、延期することにしました。理由は「東日本大震災」による福島原発問題のために拡散した「放射性物質」による農地汚染ならびに栽培した農作物の安全性を確保するためには、そのための対策も含めてしばらくの期間が必要であると考えているからです。それまでの間、関連する情報の収集とシェアファーム☆でのアプローチなどをお伝えしていきます。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。