スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

焼却灰の放射性物質濃度、1年で半減 日光

■焼却灰の放射性物質濃度、1年で半減 日光

ごみ焼却に伴い発生する飛灰(焼却灰)の放射性物質濃度が基準値を超え、市クリーンセンターなどで保管が続く。市廃棄物対策課のまとめでは、飛灰の放射性物質濃度は前年同月と比べほぼ半減で推移しており、搬出できる4千ベクレル以下まであと一歩に迫っている。今後1年あまりの保管スペースは確保しているが、その後の保管場所はあてがなく、同課は早期に低い数値で安定することを期待している。焼却灰は1キロ当たり8千ベクレル以上は指定廃棄物として国が最終処分する。市内では約546トンが保管されているが、2011年7月以降は発生していない。8千ベクレル以下は市が処分する。しかし、これまで搬出していた群馬県内の民間最終処分場側が、2カ月連続で4千ベクレル以下となった処分場からのみ焼却灰を受け入れる方針を示したことから、市はこれまで1年半搬出することができず、クリーンセンター駐車場や平ケ崎ストックヤードに仮置きしてきた。これらは昨年12月時点で1280トンに上る。まとめによると、放射性物質濃度は2011年7月から12年12月まで「基本的には減少傾向で、前年の同月と比べほぼ半減している」という。夏場に増加する傾向がみられ「除草、剪定した草木の処分により、葉などに付着した放射性物質が濃縮されるため」と推測している。ソース
---
※樹木にはたっぷりと蓄積されている・・・




スポンサーサイト
12 : 59 : 07 | 記事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ムラソイ 25万4000ベクレル 最高値 | ホーム | 「どんど焼き」を行う那須町>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sharefarm.blog9.fc2.com/tb.php/334-679198b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

Twitter

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

未分類 (4)
シェアファーム☆ (5)
記事 (254)
技術 (2)
食糧危機 (2)
ピックアップ (59)
土壌 (2)
水 (2)
アースディ那須2011 (2)
除染 (10)
健康被害 (2)
ポケットガイガー (4)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

シェアファーム★

Author:シェアファーム★
栃木県那須郡那珂川町のシェアファーム★から、愉しい活動報告をお届けします。

アクセスカウンター

★お知らせ 2011.5.3

シェアファーム☆では、この春から栽培体験レンタルファームを提供する計画で準備を進めてきましたが、しばらくの期間、延期することにしました。理由は「東日本大震災」による福島原発問題のために拡散した「放射性物質」による農地汚染ならびに栽培した農作物の安全性を確保するためには、そのための対策も含めてしばらくの期間が必要であると考えているからです。それまでの間、関連する情報の収集とシェアファーム☆でのアプローチなどをお伝えしていきます。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。