スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

コマツナ 150ベクレル 福島県郡山市

■コマツナ基準超農業資材原因か

郡山市の農家が収穫したコマツナから国の基準を超える1キログラムあたり150ベクレルの放射性セシウムが検出され福島県は畑で使われていた布に高濃度のセシウムがついていたのが原因とみて県内の農家に対し農業資材の管理の徹底を呼びかけています。福島県によりますと、今月10日、郡山市の農家が地元の直売所に出荷したコマツナから国の基準の1キログラムあたり100ベクレルを超える150ベクレルの放射性セシウムが検出されました。県が調べたところ、コマツナの畑で使われていた防虫や保温のための布から1キログラムあたり2700ベクレルのセシウムが検出されました。この農家は布を去年の春以降、屋外の雨水がたまりやすい場所に置いていて先月下旬から畑で使い始めたということです。このため県は布に高濃度のセシウムがたまりコマツナについた可能性が高いとみて県内の農家に対し改めて農業資材の管理の徹底を呼びかけることにしています。この農家が栽培したコマツナは先月29日から今月9日にかけて、地元の2つの直売所にあわせて433袋が出荷され、ほとんどが売れたということで、県は直売所を通じて回収を進めています。ソース
---
※放射能で汚染されている地域での農業栽培の方法について、農家は十分な知識と技術を養っていない、ということがわかる。



スポンサーサイト
23 : 55 : 43 | 記事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<どんど焼き、2年連続で自粛要請 原発事故影響で那須塩原市 | ホーム | 宮城で基準値超のセシウム=コメ、福島県外で初-流通せず>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sharefarm.blog9.fc2.com/tb.php/330-01d00d54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

Twitter

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

未分類 (4)
シェアファーム☆ (5)
記事 (254)
技術 (2)
食糧危機 (2)
ピックアップ (59)
土壌 (2)
水 (2)
アースディ那須2011 (2)
除染 (10)
健康被害 (2)
ポケットガイガー (4)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

シェアファーム★

Author:シェアファーム★
栃木県那須郡那珂川町のシェアファーム★から、愉しい活動報告をお届けします。

アクセスカウンター

★お知らせ 2011.5.3

シェアファーム☆では、この春から栽培体験レンタルファームを提供する計画で準備を進めてきましたが、しばらくの期間、延期することにしました。理由は「東日本大震災」による福島原発問題のために拡散した「放射性物質」による農地汚染ならびに栽培した農作物の安全性を確保するためには、そのための対策も含めてしばらくの期間が必要であると考えているからです。それまでの間、関連する情報の収集とシェアファーム☆でのアプローチなどをお伝えしていきます。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。