スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

大田原の中学生、5人に1人が高血圧 / チェルノブイリ原発事故による放射能高汚染地域で高血圧が多発

■大田原の中学生、5人に1人が高血圧 肥満や塩分、ストレス要因?

大田原市が市内の小中学生を対象に実施した2011年度「小児生活習慣病予防健診」で、中学生の2割が「高血圧」(最高120以上、最低70以上)と診断されたことが15日までに分かった。年々増加の傾向にあり、同市保健福祉部は「食事や運動などの事後指導を通し、改善につなげたい」としている。予防健診の対象は小学5年生から中学3年生で、11年度は小学生1453人、中学生2077人が受診。血液検査と血圧測定のほか、問診票による調査を実施した。指導や医療機関受診、精密検査が必要と診断された割合は、小学生が21・9%、中学生が19・4%だった。検査項目別では、「高血圧」の小学生は6・5%と微減だったのに対し、中学生は20・6%で、2006年度の9・3%と比べ倍増した。地区別にみると、大田原が20・0%、黒羽25・9%、湯津上14・3%だった。市子ども幸福課は「高血圧でも肥満でない生徒もおり、高血圧の原因特定は難しい。塩分の取りすぎやストレスも一因にあるのでは」と分析し、事後指導の強化を図る方針。ソース

■【ISH速報】チェルノブイリ原発事故による放射能高汚染地域で高血圧が多発
 
チェルノブイリ原子力発電所の放射能漏れ事故で、高濃度の放射能汚染を受けた地域の住民では、高血圧の罹患率・新規発症率が共に高いことが明らかになった。ベラルーシVitebsk州立医科大学内科疾患部門助手のAndrei Stchastlivenko氏らが、6月27日のポスターセッションで報告した。旧ソビエト連邦のチェルノブイリ原子力発電所で放射能漏れ事故が起こったのは1986年のこと。この事故で、237人が急性放射線障害を受け、うち28人が死亡した。その後、高濃度の放射能に汚染された地域では、特に小児の間に甲状腺癌などが多発した。ベラルーシはチェルノブイリのすぐ西にあり、事故後に国土の多くが放射能汚染を受けた。放射能汚染度(放射線量で評価)そのものは現在、事故直後の50~500分の1以下に低下しているが、住民の間に健康不安は続いているという。Vitebsk州立医科大学では、こうした健康不安を受け、国民を対象とした定期的な健康調査を開始した。Stchastlivenko氏らは、1991~1992年に成人(18~64歳)を対象に実施した健康調査で血圧が正常だった人を、高濃度汚染地域と放射能汚染をほとんど受けなかった地域の住民とから抽出。5年後の1996~1997年調査でそれらの住民の血圧がどう変わったかを比較した。当初の調査で正常血圧だった住民の年齢分布に地域差はない。しかし、5年後に高血圧を発症していた人の割合は、ほとんど汚染がない地域住民で33.3%、高濃度汚染地域の住民で49.1%と、大きな違いがあった。より高齢で肥満、運動習慣がなく、アルコール依存がある人で高血圧を新たに発症するケースが多かったが、こうした人の割合は両地域で違いはなかった。両地域で認められた唯一の違いは、高濃度の放射能汚染を受けたかどうかだった。なお、喫煙の有無や総コレステロール、不安の強さは高血圧の発症と相関は認められなかった。そこでStchastlivenko氏らは、放射能汚染度が異なる5地域から新たに1526人を選び、2001年に血圧や血清脂質、生活習慣などを調べて地域の放射能汚染度別に比較した。すると、最も放射能汚染を受けなかった地域の住民と比べ、放射能汚染が最も多かった地域と、2番目に多かった地域の住民では、高血圧患者が明らかに多いことがわかった。放射能汚染度で下から3番目までの地域では、高血圧患者の割合は45~50%。ところが、放射能汚染度が上から2番目までの地域では、高血圧患者の割合が62~64%となった。年齢分布や肥満者比率、喫煙率に地域差はなかったが、血清脂質に異常がある人の割合は放射能汚染度が高い地域ほど多くなった。Stchastlivenko氏は「今回得られたデータが示すのは、高濃度の放射能汚染が起こった地域で、新たに高血圧を発症する人が多く、高血圧の罹患率そのものも高いということ。脂質代謝異常が高血圧の発症に先行して起こる可能性も示唆されている」と分析。「恐らくは健康不安を含む将来への不安がストレスとなり、脂質代謝異常を引き起こしているのだろうが、継続的に放射線を浴びたことによる影響も考えられる」と話し、今後も継続的に追跡調査を行っていきたいと述べた。ソース
---
※「タケノコ」や山菜などの出荷自粛が続いた大田原市。那須町、那須塩原市に隣接する地域は空間線量も高い。中学生の5人に1人が高血圧である、というのは驚きだが、この地域に暮らすということを考えると「被曝」ということもあわせて今後の推移が気になるところである。






スポンサーサイト
21 : 15 : 48 | 記事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<せっかく4700万円もの予算を組んだのに・・・那須塩原市がホールボディーカウンター導入見送り | ホーム | パンダの赤ちゃん突然死 気になる母パンダの主食「竹の葉」>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sharefarm.blog9.fc2.com/tb.php/276-2aa67605
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

Twitter

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

未分類 (4)
シェアファーム☆ (5)
記事 (254)
技術 (2)
食糧危機 (2)
ピックアップ (59)
土壌 (2)
水 (2)
アースディ那須2011 (2)
除染 (10)
健康被害 (2)
ポケットガイガー (4)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

シェアファーム★

Author:シェアファーム★
栃木県那須郡那珂川町のシェアファーム★から、愉しい活動報告をお届けします。

アクセスカウンター

★お知らせ 2011.5.3

シェアファーム☆では、この春から栽培体験レンタルファームを提供する計画で準備を進めてきましたが、しばらくの期間、延期することにしました。理由は「東日本大震災」による福島原発問題のために拡散した「放射性物質」による農地汚染ならびに栽培した農作物の安全性を確保するためには、そのための対策も含めてしばらくの期間が必要であると考えているからです。それまでの間、関連する情報の収集とシェアファーム☆でのアプローチなどをお伝えしていきます。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。