スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

農産物直売所の野菜で「残留農薬」問題

■農作物直売所は「安全」か

「安心・安全」を標榜する農作物直売所が揺れている。年商10億円の人気店で残留農薬の問題が浮上。直売所が抱える構造問題を浮き彫りにした。「お客様を裏切ったということになる。6年半の信頼はゼロになった。これまでうまくいきすぎていたからね。やり直しです」農作物直売所「かしわで」を運営するアグリプラス(千葉県柏市)の染谷茂代表は肩を落とす。商品に生産者名を表示するなど「安心・安全」の実現に力を注いできたが…かしわでは、年10億円を売り上げ、年間50万人が利用する直売所。近隣のスーパーマーケットは「青果の販売に大きな影響を受けた」と口を揃え、直売所の成功事例として多くの視察を受け入れてきた。「安心・安全」を標榜して消費者の支持を集めてきたこの有名直売店に「残留農薬」の問題が浮上したのは2010年末のことだ。2010年11月、柏市保健所が食品衛生法に基づきかしわでに並ぶシュンギクの安全性を検査したところ、基準値を超える殺虫剤「メチダチオン」が検出された。12月、同店は行政処分に従ってシュンギクを回収すると同時に、シュンギク以外の農作物についても自主的に検査。その結果、別の生産者の作物からも別種の農薬が検出された。「管理体制に不備があった」と染谷代表。同社は安全性が確保されるまで13日間、営業を自粛した。ソース
---
※やっぱり・・・といった感じ。これまで農薬、化学肥料で野菜栽培を続けてきた農家が、急に「無農薬有機栽培」などできわけがない。特に病気や害虫が発生した場合の「トラブルシューティング」の経験がないために農薬を使用する。農作物直売所は手近な「販路のひとつ」程度の認識しかないのが実情なのだろう。本当に「安全安心」を確保したければ「自分の手でつくる」しかないのだ。→「シェアファーム☆」では、そのためのレンタルファームを提供。



スポンサーサイト
20 : 55 : 41 | 記事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<農業継続のための複雑な事情・・・耕作放棄地 | ホーム | 恐怖シナリオ: 世界「食糧危機」>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sharefarm.blog9.fc2.com/tb.php/13-816d6ec8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

Twitter

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

未分類 (4)
シェアファーム☆ (5)
記事 (254)
技術 (2)
食糧危機 (2)
ピックアップ (59)
土壌 (2)
水 (2)
アースディ那須2011 (2)
除染 (10)
健康被害 (2)
ポケットガイガー (4)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

シェアファーム★

Author:シェアファーム★
栃木県那須郡那珂川町のシェアファーム★から、愉しい活動報告をお届けします。

アクセスカウンター

★お知らせ 2011.5.3

シェアファーム☆では、この春から栽培体験レンタルファームを提供する計画で準備を進めてきましたが、しばらくの期間、延期することにしました。理由は「東日本大震災」による福島原発問題のために拡散した「放射性物質」による農地汚染ならびに栽培した農作物の安全性を確保するためには、そのための対策も含めてしばらくの期間が必要であると考えているからです。それまでの間、関連する情報の収集とシェアファーム☆でのアプローチなどをお伝えしていきます。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。